スニーカー

【VANS/バンズ】モデルの種類一覧と歴史まとめ【ヴァンズスニーカー】

【VANS/バンズ】モデルの種類一覧と歴史まとめ【ヴァンズスニーカー】

スニーカー好きのyutoriです。

大好きなスニーカーにもっと詳しくなりたいと思い、各ブランドの歴史やモデルの種類について学んでいます。

今回は「VANS(ヴァンズ/バンズ)の歴史とモデルの種類」についてまとめました。

どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

ヴァンズとは

スケートボード

誕生年:1966年
誕生地:米国カリフォルニア州アナハイム
創業者:ポール・ヴァン・ドーレン

米国カリフォルニア州アナハイムのブロードウェイ通りにて、ポール・ヴァン・ドーレンとその弟や友人らで初めてショップを設立したのが始まり。ブランド名の由来は「ヴァンと、その仲間たち」

設立当初はラバーソールが売りのスニーカーとして、カスタムオーダーの受注生産を行なっていたそう。70年代にはそのグリップ力の強さが評価され、当時のスケーターたちから人気を集めます。

途中経営破綻に陥りながらも、今もなお世界中で愛され続けているブランドです。

スポンサーリンク

ヴァンズの種類一覧

ヴァンズオールドスクール

ヴァンズのモデルは主に7種類あります。

以下は年表です↓

画像をクリックすると販売サイトに飛びます
  • 1966年
    AUTHENTIC(オーセンティック)
  • 1976年
    ERA(エラ)
  • 1978年
    OLD SKOOL(オールドスクール)
  • 1978年
    SK8-HI(スケートハイ)
  • 1979年
    SLIP ON(スリッポン)
  • 1980
    CHUKKA(チャッカ)
  • 1992年
    HALF CAB(ハーフキャブ)
スポンサーリンク

ヴァンズの各モデルを解説

⒈ AUTHENTIC(オーセンティック)

オーセンティックは1966年のヴァンズ設立当初から販売している初期モデル。当時はカスタムオーダー製で、ひとつひとつ丁寧に作られていました。

⒉ ERA(エラ)

1976年にはアメリカの代表的スケーター、トニー・アルバとステイシー・ペラルタらがデザインしたエラが登場。既存のオーセンティックに似ていますが、パッドを含んだ厚みのある履き口が特徴です。

⒊ OLD SKOOL(オールドスクール)

当初はBMXライダーのために開発されたというオールドスクール。スケーターたちからの要望もあり、より丈夫な作りに改良され、今のデザインに落ち着きました。

アッパーには波を連想させるサーフライン(ストライプ・ジャズ)が描かれ、通称「JAZZ」の愛称でも親しまれています。

⒋ SK8-HI(スケートハイ)

オールドスクールのセカンドモデルとして登場したスケートハイ。足首まで覆うアンクルパッド仕様で、スケーターのために作られたモデルです。

SK8-HIの「8」は、スケート→スケエート→エイト→8と発音が似ていることから付いたそう。

⒌ SLIP ON(スリッポン)

このシューレースのないスリッポンは「すぐに履けてスケボーができる」をコンセプトに作られたモデル。スケートシューズとしての耐久性はそのままに、着脱のしやすさにもこだわった一足です。

⒍ CHUKKA(チャッカ)

オーセンティックのデザインを受け継いで誕生したチャッカ。その見た目がチャッカブーツに似ていることから、チャッカの愛称で親しまれるようになったとも言われています。

⒎ HALF CAB(ハーフキャブ)

1989年にはヴァンズ初のシグネチャーモデルが登場。伝説のプロスケートボーダー、スティーブ・キャバレロの名を冠したモデルです。その後継モデルとして、1992年にハーフキャブが誕生しました。

ハーフキャブとは、スティーブ・キャバレロが生み出したスケボーテクニックの名称で、ロゴパッチのデザインにもなっています。中綿の詰まったボリュームのあるフォルムが特徴です。

スポンサーリンク

ヴァンズの「OFF THE WALL」の意味

ヴァンズオフザウォール

ヴァンズの広告でよく見かける「OFF THE WALL」というロゴ。直訳すると「壁から離れて」という意味ですが、実際は「変な奴ら」との意味が込められた俗語のようです。

70年代に活躍したZ-BOYSというスケートグループのメンバー、トニー・アルバが空中に飛び出す技を成功させたときに、Z-BOYSのオーナーが「Off the wall!」と叫んだことで生まれた言葉だそう。

他にもカスタムオーダー製を採用していたヴァンズの生産方法に「一風変わった・型破りな」という意味合いを込めており、1976年当時から現在にいたるまでヴァンズのキャッチフレーズとして使われています。

ちなみにZ-BOYSを題材にした映画「ロード・オブ・ドッグタウン」をご存知でしょうか。スケート好きな方はもちろんのこと、ヴァンズ好きにもおすすめの1本です。

スポンサーリンク

ヴァンズの日本企画とUSA企画の違い

ヴァンズシューボックス

ヴァンズは日本企画とUSA企画があります。

日本での企画や製造、販売権はABCマートが持っており、日本企画のヴァンズはABCマートでしか購入することができません。その一方で本国のアメリカで作られるUSA企画のヴァンズは、アマゾンや楽天などのネット通販を利用した輸入販売で購入することができます。

そしてその違いはスニーカーのデザインにも見受けられます。

一番分かりやすいのが前ソール部分。日本企画のものは歩きやすいように前ソールが上に反ったような作りになっているのに対し、USA企画は比較的平らな作りになっています。

オールドスクールの場合↓

日本企画USA企画
前ソール反っている真っ平ら
サイドライン太め細め
サイドステッチアーチ型波打ち型
横幅狭い広い
品番V〜VN〜

企画や製造はその都度変わるので、あくまで参考程度にしてもらえれば。

よく日本企画はダサいなんて言われたりもしますが、それぞれに良さがあると思います。個人の好みで選びたいですね。

スポンサーリンク

まとめ:ヴァンズは普遍的な存在

こうしてヴァンズの歴史をさかのぼると、スケートとともに成長を遂げてきた様子がわかります。

屈強なラバーソールと、いつの時代にもマッチする普遍的なデザインこそ、ヴァンズが愛され続ける理由です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
\シェアする/
YUTORI TALK

Comments

タイトルとURLをコピーしました