脇汗対策

脇汗を止める最強の制汗剤おすすめ5選!塩化アルミニウム入りが最強

脇汗を止める最強の制汗剤おすすめ5選!塩化アルミニウム入りが最強

脇汗を止める最強の制汗剤ってないのかな?ドラッグストアに売ってるものじゃ全然効かないんだよね…

この記事では、脇汗を止める最強の制汗剤おすすめ5選をご紹介します。

私はこの制汗剤に出会ってからというもの、脇汗を上手くコントロールできるようになりました!というか、マジで、

yutori
yutori

脇汗が止まりましたw

ちなみになぜ脇汗を止めるほどの効果が期待できるのかというと、ワキガや多汗症の治療として医療現場でも使われている成分を配合しているからです。

ただし効果が高い分「刺激」もあります。

副作用として「かぶれ」や「かゆみ」を引き起こす可能性もありますので、この記事では正しい使い方と注意点についてもしっかりと解説していきます。

本気で脇汗を抑えたい方のみご覧くださいね。

効果の効き方には個人差があります。予めご了承ください。

スポンサーリンク

制汗剤とは

制汗剤には「制汗成分」と「殺菌成分」が配合されており、脇汗を抑える・止める役割は「制汗成分」が担っています。

主な制汗成分は以下の4種類です。

制汗成分名 効果 刺激 仕組み
塩化アルミニウム
(塩化AI)
汗腺をふさぐ
クロルヒドロキシアルミニウム
(クロルヒドロキシAI)
汗腺をふさぐ
パラフェノールスルホン酸亜鉛
(フェノールスルホン酸亜鉛)
汗腺を引きしめる
ミョウバン
(アルムK)
汗腺を引きしめる

この中で一番効果の高い「塩化アルミニウム」は、わきがや多汗症の治療として医療現場でも使われており、今回ご紹介する制汗剤の主成分でもあります。

塩化アルミニウムの単純外用/密封療法は手のひら、足の裏に対して第1選択で、腋窩については単純外用で有効です。副作用としては刺激性皮膚炎があるものの、治療の休止やステロイド外用といったことで対処できます。

引用元:日本皮膚科学会

正しい使い方

  • お風呂上がりの清潔な肌に使う
  • よく振って極少量を塗る
  • 効果を実感したら休む

お風呂上がりの清潔な肌に使う

入浴後の女性

今回ご紹介する制汗剤は「プレケア用品」です。汗をかくたびに使ったり、汗をかいたあとに使うものではなく、汗をかく前に予防として使います。お風呂上がりや夜寝る前の清潔な肌に使いましょう。

よく振って極少量を塗る

脇にスプレーする女性

よく振って極少量を塗るのがコツです。肌が弱い方は必ずパッチテストを行ってから使いましょう。

効果を実感したら休む

大の字になって休む女性

なるべく肌への負担を減らすためにも、効果が実感できたらしばらくお休みし、効果が薄れてきてから使用を再開しましょう。効果を実感するまでの期間と、その効果が持続する期間については個人差があります。

使用上の注意点

  • 脇、足以外に使用しない
  • 除毛、脱毛直後に使用しない

脇、足以外に使用しない

フェイスパックをする女性

本来汗をかく機能は体温調節のためにあるため、脇と足以外への使用は良くないとされています。

制汗剤を安全に使用できる場所は、体の中では「ワキ」と「足」の2か所しかありません。ワキの汗は蒸発せずにこもるため、体全体の中では比較的、体温調節に関係していません。それに、温熱性発汗より精神性発汗が多い場所でもあります。ですから、この部分の汗は止めても問題ありません。靴で覆われている足も同様です。

引用元:ヨミドクター

除毛、脱毛直後に使用しない

カミソリ

除毛、脱毛直後の肌はダメージを受けているため、いつもより刺激を感じやすくなっています。万が一かぶれやかゆみを引き起こした場合は、水でよく洗い流してください。

脇汗を止める最強の制汗剤おすすめ5選

それでは最後に、脇汗を止める最強の制汗剤おすすめ5選をご紹介します。特におすすめ順というわけでありませんので、気になったものをお試しください。

オドレミン(日邦薬品)

価格 1,100円(税込)
容量 25ml
成分 有効成分:塩化アルミニウム
その他成分:グリセリン、水

1つ目は「オドレミン」です。

日本では昔からある商品で、元祖と言われる存在です。当時は他に類似品もなく、小さな薬局でしか手に入りませんでした。元祖を使ってみたい方におすすめ。

オドレミスト(中島薬局)

価格 2,470円(税込)
容量 50ml
成分 有効成分:塩化アルミニウム13%
その他成分:濃グリセリン、紅茶エキス、
オウゴンエキス、ワレモコウエキス、
無水エタノール

2つ目は「オドレミスト」です。

スプレータイプでシュッと一吹きするだけでいいからラクだし衛生的だと思います。オドレミンの容器が使いづらいという方におすすめ。

オドジェルミン(丸喜薬局)

価格 2,420円(税込)
容量 60ml
成分 水、塩化アルミニウム、グリセリン

3つ目は「オドジェルミン」です。

定番のジェルタイプの他に、ミストタイプとロールオンタイプもあります。先のオドレミン、オドレミストに比べコスパがよくおすすめ。

パースピレックス(デンマーク)

価格 2,190円(税込)
容量 20ml
成分 塩化アルミニウム、変性アルコール、
パルミチン酸セチル、水素化微結晶ワックス、
ステアリン酸グリセリル、シクロペンタシロキサン、
硬化ヒマシ油、乳酸アルミニウム

4つ目は「パースピレックス」です。

デンマーク生まれのロングセラー商品で、世界中で30年にわたって愛されています。敏感肌用や強力タイプなど選べる点がいいですね。

  • オリジナル(通常)
  • コンフォート(敏感肌用)
  • ストロング(強力)

パースピレックスはAmazonで取り扱いがないようです。

シークレット(アメリカ)

価格 オープン価格
容量 73g
成分 不明

5つ目は「シークレット」です。

アメリカ生まれのポピュラーな商品で、本国ではスーパーやドラッグストアなどでも取り扱いがあります。種類は用途や形状、香りによってさまざまです。

まず試すべきはこの2つ↓

  • インビジブルソリッド(=白く残らない固形)
  • アウトラストクリアジェル(=長持ち)

どちらも無香料タイプがおすすめですが、無香料でもほのかに香りますw

固形タイプは粉体を含んでぴったりと密着する分、普通のボディソープでは落としにくいそうなので要注意です。

まとめ:脇汗を止めるなら塩化アルミニウム入りが最強

本気で脇汗を止めるなら「塩化アルミニウム入りの制汗剤」がおすすめです。

ただし塩化アルミニウムは刺激が強い成分なので、使用上の注意をよく確認し、用法容量を守って正しく使いましょう。

さらに余談ではありますが、塩化アルミニウムに脇汗を止める効果はあっても、ニオイを抑える効果はありません。

ニオイを抑えるには殺菌・消臭成分入りの制汗剤が有効です。

夜寝る前は今回の制汗剤でプレケアをしつつ、朝や日中はドラッグストアに売っているような通常の制汗剤でニオイケアをするといいように思います。

以上、どなたかの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
YUTORI TALK

コメント

タイトルとURLをコピーしました